JP / EN
『Nature Tokyo Experience』

東京の自然でできる体験が今、おもしろい東京の自然でできる体験が今、おもしろい

SCROLL

EXPERIENCE
LIST

プロジェクトを見る

豊かな山々に囲まれた多摩、
青空と海が広がる島しょ、
都市ならではの湾岸の景観が楽しめる水辺。
これらのエリアでは、
日本の中心都市の顔とはちがった、
「東京の自然」という
今までにない魅力を感じることが出来ます。
そんな東京ならではの自然エリアに注目し、
新たな体験型エンターテイメントを創出する
プロジェクトが今、始まります。
これまでになかった新しい東京の楽しみ方を、
ぜひ見つけに来てください。

false

多摩の魅力

東京の西部に位置する多摩エリアには、大都会・東京とは違う、山や渓流などが広がっています。都心の喧噪を忘れさせてくれる大自然のなかで、春夏秋冬の彩りを楽しむことができます。

false

島しょの魅力

小さな離島が多数存在する東京。魅力あふれる島々には満点の星空やエメラルドグリーンの海、手つかずの原生林などが広がり、訪れた人をもてなします。東京にいながら冒険気分を味わえる、特別な空間が待っています。

false

水辺の魅力

夜になると高層ビル群が海に照らし出され、アーバンシティならではの絶景が堪能できるウォーターフロントエリア。海風や広い空に包まれる開放的な空気感は、かつて「水の都」と呼ばれていた東京を思い出させます。

EXPERIENCE

東京の自然が溢れるエリアで、新たな体験ができるプロジェクトをおこなう予定です。
新しい東京を感じてみましょう。
※以下のプロジェクトを実施予定です。
株式会社NOX Intervillage
株式会社NOX Intervillage logo

株式会社NOX Intervillage

ヨーロッパの貴族がアフリカに狩猟に行く際、贅沢な調度品等を持参して寝泊まりしたというグランピングの源流をもとに、本格的なグランピング事業を展開し、「CIRCUS OUTDOOR」というブランド名で、数日間のグランピングイベントを全国各地で実施。「東京の森に世界で一番美しいアウトドアフィールド」を築くことを最終目標とする日本で唯一の移動式グランピング集団。
http://www.circusoutdoor.com/

  • 「東京の森に世界で一番美しいアウトドアフィールドを作る」ことを目標に掲げ、奥多摩こそが世界で一番美しいアウトドアフィールドであるという想いをもって、グランピング事業を展開。今回は、これまで多くが即時満員となっていた期間限定でのイベントシリーズから、「CIRCUS OUTDOOR」初の”常設型”グランピングとして展開します。奥多摩湖を眺望できる傾斜地に、日帰りでも楽しめる物販施設や飲食施設、温泉施設も併設予定です。また、多摩産材での建物やウッドデッキの制作や、地場の食材を用いた料理や食材販売など、地域の資源も積極的に活用していく予定です。

  • 開始予定時期
    2018年3月
  • 株式会社NOX Intervillage logo

    株式会社NOX Intervillage

    ヨーロッパの貴族がアフリカに狩猟に行く際、贅沢な調度品等を持参して寝泊まりしたというグランピングの源流をもとに、本格的なグランピング事業を展開し、「CIRCUS OUTDOOR」というブランド名で、数日間のグランピングイベントを全国各地で実施。「東京の森に世界で一番美しいアウトドアフィールド」を築くことを最終目標とする日本で唯一の移動式グランピング集団。
    http://www.circusoutdoor.com/

株式会社USPジャパン
株式会社USPジャパン logo

株式会社USPジャパン

日本初の流通・小売系訪日ゲスト対応コンサルティング会社。外国人観光客向け消費税免税制度の改正、ジャパンショッピングツーリズム協会の設立を皮切りに、日本のショッピングツーリズム時代をリードしています。今回は“伊豆諸島の玄関口”である調布・府中地域で空輸した食材の流通を行う「一般社団法人 調布アイランド」と連携し、伊豆諸島の魅力を国内外に発信する事業を展開します。
http://www.usp.co.jp/

  • ガストロノミーとは、食べることで文化・歴史と料理の関係を学ぶ“美食学”。島の魅力を熟知した大手旅行会社グループ出身者がそれぞれ在籍するUSPジャパンと調布アイランドが連携し、“伊豆諸島の玄関口”調布地域で、伊豆諸島の食材をテーマにした体験型エンターテイメントを実施します。調布飛行場に空輸された朝採れ野菜や魚など、伊豆諸島の新鮮な食材を実際に調理して食べることで伊豆諸島の魅力に触れる環境を整備するほか、生産者をゲストに迎えたトークセッションなども予定。若年層、シニア層、在住・訪都外国人旅行者まで幅広い人々に“食体験”を通して文化を知ってもらう新しい取り組みです。さらに、参加者には、ここで学んだ知識、習得した技術を活かす機会として、実際に伊豆諸島の食材生産元である新島、神津島へ赴き、収穫体験や地元の人との交流を楽しむ「ガストロミーツーリズム」を体験してもらうプログラムも予定しています。

  • UPDATE!
    伊豆諸島の食材で美食学を学ぶガストロノミーツーリズム、 初回プログラムは7/28に決定!スペシャルサポーター・椎名誠氏が登壇
  • 株式会社USPジャパン logo

    株式会社USPジャパン

    日本初の流通・小売系訪日ゲスト対応コンサルティング会社。外国人観光客向け消費税免税制度の改正、ジャパンショッピングツーリズム協会の設立を皮切りに、日本のショッピングツーリズム時代をリードしています。今回は“伊豆諸島の玄関口”である調布・府中地域で空輸した食材の流通を行う「一般社団法人 調布アイランド」と連携し、伊豆諸島の魅力を国内外に発信する事業を展開します。
    http://www.usp.co.jp/

株式会社ASOBIBA
株式会社ASOBIBA logo

株式会社ASOBIBA

サバイバルゲームやカラーガンなどトレンドアクティビティを次々と提案しているスタートアップ企業。(累計利用者20万人(3年間))平成28年には「大人の秘密基地」をコンセプトに、葉山での会員制グランピング施設をオープン。昨年からは、廃校を利用して起業や地域文化などを大人が学ぶ「八丈島熱中小学校」に特任用務員として参画しています。
http://asobiba-tokyo.com/corp/index.html

  • 八丈島は羽田から飛行機で小一時間という好立地で、都心から最も早くウミガメと出会える島。さらに2016年からは鯨が現れるようになり、ホエールウォッチングスポットにもなっています。そんな八丈島で “大人のアソビ”を提供するASOBIBAが提案するのは、1日1組限定の「島グランピング」。島で唯一となるこのグランピング施設は、地域を代表する宿泊事業者である「リードパークリゾート八丈島」と連携し、ホテル内に整備される予定です。また、登録すれば誰でも利用できるスマートフォンのチャット機能を活用した「島コンシェルジュ」は、島の達人であるスタッフが観光客のコンシェルジュとなり、島訪問時のさまざまな疑問や不明点に答えてくれるサービス。現地での飲食店やアクティビティについても“訪問客の友だち感覚”で教えてくれます。

  • 開始予定時期
    2017年8月
  • 株式会社ASOBIBA logo

    株式会社ASOBIBA

    サバイバルゲームやカラーガンなどトレンドアクティビティを次々と提案しているスタートアップ企業。(累計利用者20万人(3年間))平成28年には「大人の秘密基地」をコンセプトに、葉山での会員制グランピング施設をオープン。昨年からは、廃校を利用して起業や地域文化などを大人が学ぶ「八丈島熱中小学校」に特任用務員として参画しています。
    http://asobiba-tokyo.com/corp/index.html